スマ婚で後悔しないために必要なこと

結婚式を挙げるときに「本当にこの式場で良いのかな?」とか「失敗したくないな?」とか思いますよね。

スマ婚の場合は料金が安いので、「クオリティが低いのでは?」とか「安いだけの結婚式になってしまうのでは?」とか不安になりますよね。

スマ婚を選んで後悔したという口コミを見ることもありますが、スマ婚の特徴を理解すれば、きっと素晴らしい結婚式を挙げられます!

スマ婚で後悔しないために必要なこと

スマ婚経験者からすると、スマ婚で後悔しないために必要なことは、スマ婚のサービスをよく理解することです。

スマ婚は式場を持たず結婚式をプロデュースするサービスです。

他の結婚式とは大きくサービス内容が異なるので、スマ婚のメリットやデメリットを理解し、スマ婚が自分に合っているかどうかを知ることが必要です。

実際の体験からスマ婚について解説しますので、この記事を読めば、きっと安くても満足いく結婚式が挙げられますよ!

そもそもスマ婚とは何か?

スマ婚は、結婚式をプロデュースするサービスで、通常の結婚式と比較して費用を大幅に抑えて結婚式を挙げることができます。

自社で式場を持たず、多くの式場と提携することで、それぞれのカップルに合った結婚式を提案してくれます。

自社で式場を持たないということは、設備の管理費用などが発生しないため、格安で結婚式を提供できる仕組みになっています。

賢く結婚式を挙げたいカップルにとっては、とてもメリットのあるサービスです。

さらに詳しい解説はこちらの記事で書いています。

【スマ婚】って何?スマ婚基礎の基礎

2019年7月21日

スマ婚のメリット

スマ婚には、通常の結婚式の常識を覆す、たくさんのメリットがあります。

私が実際に体験して感じたメリットを3つ紹介します。

  1. 適切な価格設定
  2. 持ち込み料が無料
  3. 見積もり金額が上がらない

詳細も説明していきます。

より詳細な内容は以下の記事でも書いています。

【体験者が語る!】スマ婚のメリットを徹底解説

2019年7月17日

適切な価格設定

結婚式では「ブライダル価格」と言って、商品やサービスの価格が通常より上がってしまうことが多くあります。

しかし、スマ婚は式場などの自社設備を持たないため、余計なコストが掛からず、商品やサービスを適切な価格で提供することができます。

「持ち込み料」が無料

「持ち込み料」とは、式場が提携している業者以外の商品を使用する場合に発生する料金です。

スマ婚では、式場を持っていないため、「提携している業者を使わなければいけない」という前提がありません。

そのため、ドレスにこだわったり、ブライダル価格ではない安くて良い商品を気兼ねなく選ぶことができます。

私たちはドレスや引き出物で、コストとクオリティにこだわった商品を選ぶことができました。

見積もり金額が上がらない

スマ婚では当初の見積もり金額から基本的には、金額が上がらないので、あとから困ることがありません。

その理由は、スマ婚ではほぼすべての料金が最初から決まっていて、あとからこれが無い、あれが無いと言われることがないからです。

実際に私たちも、最初に上中下3つの見積もりを提示してもらいました。そうするこで、最低で〇〇円、最大で〇〇円ということがわかり、安心して予算組みができました。

スマ婚のデメリット

スマ婚で後悔しないためには、デメリットもよく理解しておく必要があります。

私の体験から、スマ婚のデメリットを紹介します。

  1. 日程が限られている
  2. 装花・ケーキの選択肢が限られている
  3. プランナーとの打ち合わせが少ない

この3点については注意が必要だと思います。

デメリットについては、こちらの記事も参考になります。

評判悪い!?スマ婚体験者が、口コミを検証してみる

2019年7月15日

日程が限られている

スマ婚では式場によって、予約ができる日程が限られているようです。土曜日の午後など人気の時間帯は、式場が自社で抑えていると思われます。

「どうしてもこの日程が良い!」という人にとっては、デメリットと言えます。

装花・ケーキの選択肢が限られている

スマ婚では装花やケーキカット用のケーキは、パッケージ化することで料金を抑えているようです。

スタンダードのプランでは、少し寂しいかなと思うがあり、パターンも多くはありませんでした。

プランナーとの打ち合わせが少ない

プランナーとの打ち合わせは、基本的には3回という説明でした。

メールなどでは綿密にやり取りを行うため、打ち合わせが不十分ということはありませんでしたが、プランナーと何度も打ち合わせをしたいという方には不向きかもしれません。

スマ婚に向いている人

スマ婚に向いている人は、お金を掛けるところとそうでないところのメリハリのある結婚式を挙げられる人です。

装花やケーキは少し予算を抑えめにして、料理にこだわるなどの自分のポイントがハッキリしている人は、スマ婚を上手く活用して結婚式が挙げられます。

スマ婚に向いていない人

一方で、スマ婚に向いていない人は、お金を掛けてでも立派な結婚式を挙げたい人です。

それが悪いとは言いませんが、スマ婚は抑えるところを抑えることにより、料金を最適な価格にしています。

プランナーと何度も何度も打ち合わせはありませんし、料理の試食会などもありません。

そういった注意点をよく理解しておかないと、不満だけが残ることになってしまうと思います。

まとめ

スマ婚の特徴やメリット・デメリットを理解することで、スマ婚が向いている人とそうでない人が分かります。

結婚式後の生活や結婚式に対する価値観を考えて、自分にとって最適な結婚式を選ぶことが大事です。

少しでもスマ婚が気になった人は、一度スマ婚に相談してみも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です