自己負担0円で結婚式を挙げるためのポイントを徹底解説!!

こんにちは!goroです!

結婚式って、とても大きな買い物ですよね!!

逆に、大きい買い物なだけあって、少し工夫するだけで、

数十万円とか節約できるんです。

何も知らないと、料金が予想より高額になってしまうので気を付けましょう!!

費用を節約して、自己負担0円で結婚式を挙げるためのポイントは3つです。

  1. 格安婚を使う
  2. こだわるポイントを決める
  3. 持ち込みを上手く活用する

このポイントを押さえて、

自己負担0円の結婚式について解説したいと思います。

自己負担0円ってどういうこと?

詳しい解説をする前に、自己負担0円って、どういうことか分かりますか?

自己負担0円とは、「ご祝儀-結婚式の費用=0円」と言うことです!

ご祝儀には、両親からの援助金が含まれることあります。

つまり、結婚式を挙げたにも関わらず、

最終的な持ち出しは無いということになります。

結婚式の自己負担額の相場は、

数十万円~100万円を超えるといわれていますが、

うまく工夫すれば、自己負担0円で結婚式が挙げられますよ!

格安婚を使う

では、本題の結婚式費用を節約する方法のポイント解説をしたいと思います。

まず、最初のポイントが「格安婚を使う」です。

「格安婚」は、自社で式場などの設備を持たない、

結婚式場と、結婚式を行うカップルの仲介会社のようなイメージです。

自社設備を持たないためコストを抑えることができ、

賢く結婚式を挙げることができます。

格安婚には様々な会社がありますが、私たちは、「スマ婚」を使いました。

こだわるポイントを決める

こだわるポイントを決めることもとても大切です。

例えば、

「ゲストをもてなしたいので、料理はこだわってグレードを挙げよう」とか、

「少し高いけど、あの有名な式場で結婚式を挙げよう」とか、

どこに、お金を掛けるか決めるということです。

全てにこだわれば、それは見栄えの良い結婚式を

挙げることができるかもしれませんが、費用も際限なく挙がってしまいます。

お金を掛ける場所と、必要以上に掛けない場所を決めるようにしましょう!!

持ち込みを上手く活用する

これは、どういうことか言うと、

結婚式では、ドレスやペーパーアイテムなどを提携する業者などから、

レンタル・購入することが可能です。

しかし、アイテムの中には、インターネットで買ったりしたほうが

安いアイテムなどもあり、結婚式場の提携以外で購入したアイテムを

使うことを、一般的に「持ち込み」と言います。

ペーパーアイテムなどは自作するということもできますね。

ここで注意しないといけないことは、「持ち込み料金」が掛かる場合が

あるということです。

その点、格安婚では、持ち込み料金が掛かることのほうが少ないです。

せっかくアイテムを安く準備したのに、持ち込み料金がかかっては

意味がないですよね。

私たちは、スマ婚を使って、様々なアイテムを使ってコストを抑え、

自己負担0円の結婚式を挙げることができました。

まとめ

結婚式の費用を節約するポイントは3つです。

  1. 格安婚を使う
  2. お金をかけるポイントを決める
  3. 持ち込みを上手く活用する

この3点を抑えることが出来れば、

結婚式の費用を大幅に抑えることが出来ます。

私たちが、これらのポイントを知らなければ、

結婚式を挙げること自体が出来なかったかもしれません。

しかし、スマ婚と出会い、無事どころか、

自己負担0円で結婚式を挙げることが出来ました。

それぞれの詳しい解説は、他の記事に書いていきますので、

是非、見てください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です