貯金なしで結婚式は挙げられる?

こんにちは!goroです!

今日は、“結婚式を挙げるために貯金が必要か?”

ということについて、書きたいと思います。

私は、残念ながら、あまり計画性が無く、

結婚式に向けて、しっかりと準備が出来ていたわけではありません…

「結婚式を挙げよう」と思った時には、大した貯金もありませんでした。

私たちは、実質負担0円で結婚式を挙げましたが、

結婚式と貯金について、自分の体験談も交えて、書いてみたいと思います。

結婚式費用の相場

結婚式費用の相場は、約300万円と言われています。

結婚式の費用は、基本的には前払いなので、

300万円の貯金があれば、支払いについては、心配ありません!!

私たちには、もちろん、そんなお金は、ありませんでした…

ご安心ください。300万円の貯金が無くても、結婚式は挙げられます!

結婚式の自己負担額

結婚式の自己負担額とは何か?

結婚式費用から、ご祝儀・両親からの援助金を引いた金額です。

自己負担額については、100万円以下が50%程のようです。

では、「貯金が100万円あれば良い!」…ということでは無いです。

なぜなら、結婚式費用は基本的には、前払いだからです…

両親からの援助金などがもらえて、先に一部支払う準備が出来たとしても、

大半は、貯金から支払う必要があります。

私たちの結婚式費用は、約200万円ほどでしたが、

(内訳費用を徹底解説した記事はこちら)

もちろん、そんな貯金はありませんでした。

援助金をもらうのも申し訳ないと思っていたので、

当初は完全に「結婚式は無理だ」と思っていました笑

貯金が無くても結婚式を挙げる方法

では、私たちはどのようにして結婚式を挙げたのか?

はい、そうです!スマ婚さんを利用したからです!

スマ婚さんでは、結婚式費用は、後払いになっています!!

事前に払う必要があるのは、16.5万円だけです。

つまり、貯金は、16.5万円あれば何とかなります笑

支払期日は、私たちの場合は3日以内でした。

結婚式が終わった翌日に支払いを完了しました。

料金後払いの注意点

料金後払いのシステムで、注意しなければいけないことがあります。

それは、「結婚式費用をご祝儀、援助金ですべて賄えるかどうか?」です。

これは、先に考えておかなければなりません。

ご祝儀で賄えるのであれば、貯金は無くても、大丈夫ですが、

実際には、なかなか難しいと思います。

スマ婚のHPの一例では、自己負担額は約30万円と書かれています。

格安であることは間違いありませんが、貯金0円では、なかなか難しいですね…

また、私たちは、結婚式費用を自己負担0円で挙げましたが、

自己負担0円を実現できた理由は、様々なアイテムを自分たちで用意し、

持ち込みにしたからです。

例えば、ドレス代などを浮かせるため、自分たちで購入したので、

事前にお金が必要でした。

アイテムを持ち込みにするということは、当然、それらは先払いになります。

決して貯金がたくさんあったわけではないので、

結婚式までの資金繰りは大変でしたね…笑

少なからず、貯金はあったほうが良いですね。

まとめ

「結婚式を挙げるために貯金は必要か?」の答えは、

「貯金はあったほうが安心で、選択肢が広がる」ということです。

私たちも、限られたお金をやりくりして、何とか結婚式をやり遂げました。

現金前払いは、100パーセント無理だったこともあり、

スマ婚さんとの出会いが無ければ、結婚式は諦めていたと思います。

「ちなみに自己負担額がいくらになりそうか?」や、

「ご祝儀、援助金内での結婚式を挙げる方法」なども、相談に乗ってくれると思うので、

まずは、一度、スマ婚さんに相談してみる良いかもしれませんね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です